news2012

2012年


12月8日 国際シンポジウム「地球温暖化をめぐる世界の氷河」を開催いたしました

 信州大学理学部で国際シンポジウム「地球温暖化をめぐる世界の氷河」を開催しました。地球温暖化により世界中の氷河が急速に縮小している、と広く認識されています。しかし一歩踏み込み、どのくらい融けているのか、みな同じように融けているのかとなると途端に分からないことばかりになります。
 そこで世界各地の氷河について多くのフィールド調査を重ねている研究者6名に各地の実態を講演いただきました。ヒマラヤ・アフリカ・アンデス・パタゴニア・南極・アルプスの氷河変動、そして氷河の後退に伴う様々な現象を、観測記録や豊富な写真とともに分かりやすく紹介くださいました。 会場には約60名の方に来場いただき、質問・討論も行われ、有意義なシンポジウムとなりました。
 次号のニュースレター第35号に、シンポジウムの講演要旨を掲載いたします。

写真




12月7日 ネパール、トリブヴァン大学理工学部と学術協定を更新しました

 山岳科学総合研究所は、12月7日、ネパール、トリブヴァン大学理工学部との学術協定の更新に調印しました。トリブヴァン大学理工学部とは2008年1月に学術協定を締結、これまでにウプレティ教授による講演のほか、山岳科学総合研究所教員によるネパールでのフィールド研究などを実施し、共同事業を推進してきました。5年間の協定が失効するのにあたり、本年10月、所長の鈴木と助教の朝日がトリブヴァン大学を表敬訪問し、総長、理工学部長と協定の更新に合意しました。山岳地・ヒマラヤでの豊富な経験と知識を持つトリブヴァン大学との協定により、山岳研究のさらなる推進が期待されます。

写真1

トリブヴァン大学を表敬訪問(2012年10月)


写真2

信州大学にて(2012年12月)




11月10日 2012年度信州フィールド科学賞授賞式及び記念シンポジウム」を開催しました

 11月10日(土)松本キャンパスにおいて「2012年度信州フィールド科学賞」授賞式及び記念シンポジウムを開催致しました。
 授賞式では、山岳科学総合研究所山岳基礎科学部門長原山の挨拶の後、産業技術総合研究所の西来邦章さんに「信州フィールド科学賞」、青森県立名久井農業高等学校・草花班の皆さんに「信州フィールド科学奨励賞Ⅰ種(高校生)」が授与されました。また今年は、群馬県立尾瀬高等学校・理科部の皆さんに「信州フィールド科学努力賞Ⅰ種(高校生)」が授与されました。賞の授与の後、それぞれの受賞者から挨拶と、奨励賞・努力賞受賞者の皆さんからは研究内容の紹介をしていただきました。

写真1

 引き続き、「フィールド事象から見た中部山岳地域の形成史と火山活動」をテーマに記念シンポジウムが行われ、「信州フィールド科学賞」を受賞した西来邦章さんより受賞記念講演「火成活動場の変遷から見た諏訪-八ヶ岳火山地域の形成史」をご講演いただきました。
 また、高知大学の藤内智士先生より「地殻応力場に注目した諏訪-八ヶ岳火山地域と糸魚川静岡構造線の関係」というテーマでご講演をいただき、日本原子力研究開発機構の末岡 茂さんから「岩石の温度履歴から見た木曽および赤石山脈の形成史:低温領域の熟年代学による推定」というテーマでご講演いただきました。
 多くの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。
 受賞者の研究内容およびシンポジウムの講演要旨は、ニュースレター第34号に掲載しております。

写真2




2012年7月8日 長野県北部地震災害調査研究報告を開催しました

 7月8日に栄村文化会館ホールにて、「長野県北部地震災害調査研究報告」を開催しました。
 2月に開催を予定していたのですが、豪雪のため開催を延期し7月8日に開催となりました。
 栄村へ向かう道は至るところで工事中で、まだ復興途中であることを実感しながら会場へ向かいました。
 雨が降ったり止んだりの天候の中、100名を超える皆様に報告会へお越しいただきました。
 お越しいただいた皆様、報告会にご協力いただきました栄村役場の皆様、ありがとうございました。

写真1




7月5日-6日 涸沢談話会(第17回上高地談話会)を開催しました

 7月5日-6日の2日間、涸沢談話会(第17回上高地談話会)を開催しました。
 通常は信州大学の松本キャンパスにて上高地談話会を行っておりますが、2010年より年に1回現地で行う涸沢談話会を行っております。
 涸沢談話会は今年で3年目。今年は46名もの皆さんにご参加いただきました。登山歴数十年のベテランの方から初心者の方まで、皆さんで楽しく涸沢ヒュッテを目指して登りました。

写真1

 涸沢ヒュッテ到着後は、当研究所の朝日克彦より「涸沢カールと氷河、地球の歴史」、同じく当研究所の梅干野成央より「涸沢の山岳建築ーその歴史にみる「山岳・雪氷・建築」」というテーマで講演をいたしました。

写真2

 ご参加いただいた皆様、涸沢ヒュッテの皆様、案内人をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。




【重要】「長野県北部地震災害調査研究報告会の開催延期について

 2月5日(日)に開催を予定しておりました、「長野県北部地震災害調査研究報告会」については、会場の栄村の豪雪の影響を考慮し、開催延期とすることを決定いたしましたので、お知らせいたします。
 なお、次回開催日につきましては、決定次第ご案内いたします。
 何とぞご理解いただきますようお願いいたします。




2011年のニュース

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS